NISAで簡単!非課税投資とは

新たな投資の形、NISAとは

株式投資や投資信託では、通常利益や配当金に対して課税されます。それに対してNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)は、これらの投資の総額が、毎年ある一定額以下なら、利益や配当金が非課税で運用できるという制度です。簡単に言うと、税金を払うことなく、少額投資が出来るようにした制度のことです。
2016年から、この非課税枠が120万円に設定されました。この非課税枠は毎年120万円ずつ新しく設定され、最大5年間の運用が可能です。ということは、120万×5=600万円まで、非課税で投資をすることが可能です。
通常約20%の税金がかかるところを、NISAであれば税金を払うことなく投資が出来ます。税金がかかるのとかからないのでは、違いが大きいですよね。

NISAをスタート!まずは口座を作ろう

NISAを始めるにはまず、NISA専用の口座を作る必要があります。NISA口座は、銀行や証券会社などで開設することが出来ます。それぞれ扱う商品に特色があるため、まずはどんな投資をしたいのかを明確にして、それに合った会社を選ぶことが重要です。さらにNISA口座は、1回作ってしまうと、原則他の会社に口座を開くことが出来なくなるので注意して下さい。最近では対面でなくても、ネットで口座を開くことのできるネット証券も多く存在します。扱う商品も多種多様なので、選択肢の幅が広がりますね。
投資と聞いて身構えたり、堅苦しく考える必要はありませんが、NISA口座は1つしか作れません。まずは自分に合った会社を良く見極めて口座を開設しましょう。

ファンドと投資の関係性を理解するにあたり、各地の信頼度の高い業者の取引の実績や手数料などを把握することが重要です。